抗菌印刷

 抗菌印刷とは

抗菌ニスを最上層にまんべんなく印刷することにより、
半永久的に抗菌効果が持続します。

●優れた抗菌効果を印刷で実現する特許技術

抗菌印刷とは印刷面の最上層に「抗菌ニス」を全面印刷することにより、抗菌剤の層が形成され、抗菌効果の高い衛生的な印刷物をつくることができるオンリーワンの印刷技術です。
一般的に紙の印刷物では、雑誌の表紙やパッケージなどに使用されています。

●抗菌印刷の特長

○抗菌効果は半永久的に持続
抗菌ニスが剥離しない限り抗菌効果は持続します。
○高い抗菌効果
直接触れる最上層に抗菌ニスを印刷をするため高い抗菌効果が得られます。
kohkin_pic03

○抗菌の世界基準であるSIAAマークの表示が可能
国際規格認証SIAA(抗菌製品技術協議会)のマークを表示できます。
特許番号の表示も可能です。
SIAA_logo

○様々な印刷物への使用が可能
印刷機にて印刷する技術なので、紙の印刷物にも使用できます。
弊社の商品では、主に「マスクケース」に使用していますが、その他の商品にもオプションにて使用可能です。
抗菌マスクケース画像
マスクケースには抗菌印刷が標準仕様

○高い安全性能
JISの抗菌試験を優れた結果にてクリアし、経口毒性・皮膚刺激性・突然変異性・アレルギー性などの試験に合格しています。
また、印刷業界の自主規制である環境ホルモン・NL規制にも準拠しています。

特許番号:第3030310号/第3401571号

●SIAAマークとは

抗菌製品技術協議会が制定した抗菌のシンボルマークです。
SIAA(抗菌製品技術協議会)とは、適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体であり、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品に安心のシンボルであるSIAAマーク表示を認めています。

SIAA_logo

〈SIAAマーク3つの安心〉
■抗菌性 抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一
以下であり、
耐久性試験後も抗菌効果が確認されること。
■安全性 SIAAが独自に決めた安全性基準を満たしていること。
■適切な表示 抗菌剤の種類、加工部位を明示していること。

試験データなどのさらに詳しい情報については、販売元である都市と生活社のサイトをご覧ください。

 

 
 
 
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena