UVオフセット印刷

 UV印刷とは

紫外線を照射することで専用のUVインキを瞬時に
乾燥させることが出来る印刷方法

●特殊な素材への印刷が小ロットから印刷可能

乾燥性のUVインキ(樹脂性インキ)にUV(Ultra Violet=紫外線)を照射することで瞬時にインキを乾燥(硬化)させる印刷方式です。油性インキの印刷に比べ、インキ皮膜が強く耐光性、耐薬品性、耐摩耗性に優れ野外での使用にも耐久性を発揮します。
UVオフセット印刷には穀物スプレーパウダーを一切使用しない優れた特徴があります。パウダーレスの硬化として後加工の艶出し(ニスコートやラミネート加工)でザラツキの無い美しい仕上がりが可能となります。

UV印刷の乾燥方法UV印刷

●UV印刷のメリットとは

◯溶剤を一切含んでない(VOCを含まない)ので環境にやさしいインキ
◯裏移りがない
◯瞬間硬化するため金属蒸着紙やフィルム、プラスチック、塩ビなど非吸収性素材に印刷が可能
◯印刷直後から後加工にかかれる
◯乾燥時間が不要なため、納期短縮がはかれる。
◯印刷表面が摩擦に強い
◯インキ皮膜が硬く、擦れても色落ちしにくい。
◯スプレーパウダーが不要
◯環境、衛生面で食品包装紙、容器などに最適。
◯インキが臭気が少なく、耐久性に優れている
◯有機溶剤を使用しないため臭気が少なく、食品、薬品、化粧品等の箱に多用されている。
◯耐光性に優れる。

●2種類のニスを使用した擬似エンボスも可能

表面を艶やかに仕上げる「UVエンボス」と、それを弾く性質を持つ「OPニス」の2種類のニスを組み合わすことで立体的な凸凹を持つエンボス加工が可能です。
OPニスを塗布した部分は、泡状に盛り上がり擦り硝子のような質感になり、OPニスを塗布していない部分は滑らかな光沢調の仕上がりとなり、うまく分ける事で付加価値を高める事が出来ます。

主なUV印刷物

証書入れや手帳のカバーなどに使用される軟質PVCシートへの美しいカラー印刷を実現

●特殊な素材への印刷が小ロットから印刷可能

UV印刷のなかでも合成樹脂フィルム(PP・PVC・PET等)へのオフセット印刷は、定番のクリアファイルをはじめ、中身の見えるパッケージなど、紙にはマネのできない透明な材質に印刷できることが最大の魅力です。さらにオフセット印刷の特長である商品質、高生産性から小ロットでありながらコストバランスのとれた製品を提供いたします。

ポリプロピレン(PP)

ポリプロピレン(PP)

PVC(軟質・硬質)

PVC(軟質・硬質)

蒸着紙

蒸着紙

●UV印刷物 一例

[化成品]
ポリプロピレン(PP) クリアファイル
クリアポスター
定規セット
下敷き
PVC(軟質・硬質) デスクマット
天チャック
ブックカバー
捺印マット
ダイアリーカバー
通帳カバー
PET 自販機POP
クリアファイル
クリアポスター
下敷き
[紙]  
蒸着紙 焼付商品ラベル
アルグラス
ハイピカ
スペシャリティーズ

技術情報

プラスチック素材へのオフセット印刷のノウハウを積み重ねた実績

三和綜合印刷では二十年以上にわたるUV印刷への取り組み実績から、独自に印刷機のカスタマイズを行い、難易度の高い軟質PVCへの高品質なオフセット印刷を実現。厚さも0.8mmまで対応可能です。

●特殊素材への印刷(非吸収性素材)
合成樹脂フィルム(軟質・硬質PVC、PP、PET等)、蒸着紙(アルグラス・ハイピカ・スペシャリティーズ等)、合成紙(ユポ、タイベック等)への高品質な印刷をスピーディーに行います。オフセット印刷が不可能とされていた軟質PVC系のシートに対しても独自の技術で印刷が可能となりました。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena