白版の作り方について

白版とは

クリアファイル等の透明な素材を使用する商品は、カラー印刷しただけでは色が透けてしまうため「白く見せたい部分」や「透けさせたくない部分」には白色を印刷する必要があります。部分的に白色を印刷する場合には、白版の作成が必要です。

白版作成時の注意点

■白を引きたい部分にK100%のパスを作成します。

白色のパスで作成すると画面上では見えなくってしまうので白を引きたい部分はK100%でデータの作成をお願いします。


■必ず絵柄とは別レイヤーで作成してください

絵柄と白版を同じレイヤーで作成しますと混在してしまいトラブルの原因となります。
白版は必ず白版単独のレイヤーで作成してください。


■印刷の仕様上、白版には必ず細らせが必要です

材料の性質上、印刷時に若干の伸縮が発生します。
そのため、絵柄と同じサイズで印刷すると伸縮の影響で白版がズレてはみ出してしまい、キレイな仕上がりになりません。
これを防ぐため、絵柄より約0.17mm縮小して作成します。

例:カラー版より約0.1mmズレた状態

イラストレーターで白版を作成する

データの作成には専用のテンプレートをダウンロードして使用してください。
テンプレートデータ一覧→ http://www.sanwasp.com/template/

 

パスから白版を作成する場合

パスで絵柄を作成している場合は、そのまま白版データに流用することが出来ます。
※画像データで絵柄を作成している場合は「ペンツールで白版を作成する」をご参照ください。

クリックで展開します

ペンツールで白版を作成する場合

画像データの白版を作成する際はこちらの方法で作成してください。
また、絵柄のパスが複雑で思うように作成できない場合はこちらの方法で作成してください。

クリックで展開します

フォトショップで白版を作成する

切り抜きされた画像の場合

切り抜きされた画像から白版を作る際はこちらの方法をお試しください。

クリックで展開します

パスから白版を作成する場合

写真や一枚物のイラストから白版を作る際はこちらの方法をお試しください。

クリックで展開します

 白版の確認方法

上記の方法で白版を作成できましたら
正しく作成できているか、ご入稿前に今一度ご確認をお願いいたします。

①絵柄と白版を両方表示させる。

絵柄に対して細らせが出来ているかを確認するため
絵柄と白版を表示し重ね合わせます。

  

 

 

②白版のパス、もしくは画像データに乗算をかける

作成した白版に乗算をかけます。
これで細らせをした際につけた白い線が透け、下の絵柄が透けて見えます。

 

 

 

③約0.17mm細らせが出来ているか確認する

拡大した際に約0.17mmの隙間ができていれば正しく作成出来ています。
一部分だけではなく全体で細らせが出来ているかご確認ください。