抗菌印刷

 

抗菌印刷とは

 

優れた抗菌効果を印刷で実現する印刷技術。

抗菌印刷とは印刷面の最上層に「抗菌ニス」を全面印刷することにより、抗菌剤の層が形成され、抗菌効果の高い衛生的な印刷物をつくることができる印刷技術です。
一般的に紙の印刷物では、雑誌の表紙やパッケージなどに使用されています。

 

 

kohkin_pic03

 

抗菌印刷の特長

 

■品質の証、SIAAマークの表示が可能です

 

SIAAマークとは

抗菌製品技術協議会(以下、SIAA)が制定した抗菌のシンボルマークです。
抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一以下であり、耐久性試験後も抗菌効果が確認されることをSIAAが承認したことを示すマークです。
※当社登録番号が記載されたマークを表示可能です。

抗菌SIAAマークについて(外部サイト)
https://www.kohkin.net/mark.html

 

■SIAAについて

 

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは、適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし
抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体です。
業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマーク表示を認めています。

 

抗菌SIAAについて(外部サイト)
https://www.kohkin.net

 


■SIAAマークの3つの安心

 

次の3つの基準を満たした製品に、SIAAマークが表示されます。

抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一以下であり、耐久性試験後も抗菌効果が確認されること。抗菌性は国際標準ISO22196に準じて行われた試験の結果にもとづいて判定されます。

SIAAが独自に決めた安全性基準を満たしていること。

抗菌剤の種類、加工部位を明示していること。

 


■低臭インキ「におわなインキ」を使用

 

インキは抗菌効果のあるSIAA認証の低臭インキ「抗菌プラス におわなインキ」を使用。
銀イオン(Ag+)配合により優れた抗菌効果を発揮すると同時に、特殊吸着剤がインキ特有の
ニオイを吸着し閉じ込めます。

におわなインキ

 

 

■様々な印刷物への使用が可能

 

印刷機を使用して印刷する技術なので、紙の印刷物にも使用できます。
弊社の商品では、主に「マスクケース」に使用していますが、その他の商品にも使用可能で、紙の印刷物にも使用することが出来ます。

※材料によってはSIAAマークが表示できない商品もございます。
 詳しくはお問い合わせください。

抗菌マスクケース画像
 ※マスクケースは抗菌印刷が標準仕様