抗菌印刷

抗菌印刷とは

 優れた抗菌効果を印刷で実現する印刷技術。

抗菌印刷とは印刷面の最上層に「抗菌ニス」を全面印刷することにより、抗菌剤の層が形成され、抗菌効果の高い衛生的な印刷物をつくることができる印刷技術です。
一般的に紙の印刷物では、雑誌の表紙やパッケージなどに使用されています。

抗菌印刷の特長

●抗菌効果は半永久的に持続

抗菌ニスが剥離しない限り抗菌効果は持続します。

●高い抗菌効果

直接触れる最上層に抗菌ニスを印刷をするため高い抗菌効果が得られます。

kohkin_pic03

 

●様々な印刷物への使用が可能

印刷機にて印刷する技術なので、紙の印刷物にも使用できます。
弊社の商品では、主に「マスクケース」に使用していますが、その他の商品にもオプションにて使用可能です。
抗菌マスクケース画像
マスクケースには抗菌印刷が標準仕様

●高い安全性能

JISの抗菌試験を優れた結果にてクリアし、経口毒性・皮膚刺激性・突然変異性・アレルギー性などの試験に合格しています。
また、印刷業界の自主規制である環境ホルモン・NL規制にも準拠しています。