新商品 BIG型抜きクリアしおり ~本に収まりきらない大きさと個性的なカタチ

 

BIG型抜きクリアしおり

そのネーミングから、おそらく多くの方が「大き目の型抜きされた透明素材のしおり」を連想するのではないでしょうか。
そうなんです。その名の通り一般的な「しおり」の大きさとは、かけ離れたビッグなサイズに加え、好みの形に切り抜くことができるのが特長のクリアしおりです。

本に挟んだ際にはみ出すことが前提となっていて、はみ出す部分はキャラクターなどの形に切り抜かれているので見た目にも楽しめます。

 

使いやすいかどうかは別として、とにかくインパクト重視。
実際に本に挟んでみると、その大きさをより実感することができます。
しかし、本といっても大小さまざまなサイズがあるので、まずは本のサイズについて知っておきましょう。

 

A6判 W105×H148mm 文庫本
四六判 W127×H188mm 単行本
A5判 W148×H210mm ハードカバー
新書判 W103×H182mm 専門・教養書
B6判 W128×H182mm 青年漫画
小B6判 W112×H174mm 少年・少女漫画

 

本によって多少のサイズの違いはありますが、ざっくりこんな感じでしょうか。

 

つづいて、今回紹介する「BIG型抜きクリアしおり」のサイズは2つ。

Mサイズ W70×H170mm
Lサイズ W90×H223mm

ご覧の通り「Lサイズ」は本のサイズのなかで一番縦寸が長いA5判よりも大きいのです。
つまり、A5判までの一般的な本であれば、どうやってもはみ出してしまう大きさなんです。
もうひとつの「Mサイズ」は文庫本に適したサイズ設定で、コミックにもおススメです。


A5判(縦210mm)の本とLサイズ


クリップ機能もついてます


A6判(文庫本)とMサイズ


こちらもクリップ機能つき


文庫本にLサイズはオーバーサイズ感すごいです

 

 

大きいことはメリットだらけ?
大きなしおりをノベルティグッズに使うメリットは何でしょう?

・意外性があるので印象に残りやすい
・印刷面が大きいので情報量を増やせる
・主張が強いので広告効果が見込める

 

ユーザー目線では…
・手にした時の喜びが大きい
・読みかけの本を猛烈アピールしてくれる
・常にしおりを見ながら本を読むことができる
・無くしにくい

 

一方デメリットは…
・本を鞄に入れる時じゃまになる
・本棚に本をしまいにくくなる……など

そもそも本に収まるサイズではなく、本からはみ出すことを前提に設計してあるため、お出かけのお供には注意が必要です。

 

大きさに加えカタチでも個性を出せるオリジナル形状
ひょこっと顔を出す型抜きしおりは、本を閉じても存在感あって訴求効果バツグン。
通常は本にひっそりと挟まっている「しおり」ですが、このBIG型抜きクリアしおりのように本から顔をのぞかせ、常に主張する「しおり」もアリだと思いませんか?


クリップ部より上の部分が自由な形に型抜きできます。


こんな感じに読みかけのページを教えてくれます

 

BIG型抜きクリアしおりについての詳細、サンプル請求はこちら