抗菌ブームの印刷業界だけど、抗菌って何? 除菌との違いは何だろう?(備忘録)

コロナ禍の今、空前とも言える抗菌ブームが沸き起こっているように思います。
印刷業界においても多分に漏れずな状態です。

抗菌と聞くと清潔で安心・安全なイメージがありますよね。
詳しいことはよくわからなくても、とりあえず「抗菌」であればOK…という風潮。
少しでも感染リスクを減らしたいとの思いの現れでもありますね。

そこで今回は「抗菌」とは何か?
除菌や殺菌とはどう違うのかについて超コンパクトにまとめてみました。
ざっくりこんな感じです。

 

抗菌  菌の増殖を防ぐ

除菌  菌を減少させる

殺菌  菌を死滅させる

滅菌  全ての菌を死滅させる

 

「抗菌」とは菌の増殖を抑制することを言います。
菌を殺したり取り除いたりするのではなく増やさないようにすることです。

注意が必要なのは滅菌以外は「全ての」が付かないということ。
付着した全ての菌ではなく、「一部の菌を…」ということのようです。

あと分かりにくいのは「除菌」「殺菌」あたりでしょうか?
除菌の「減少」と殺菌の「死滅」この違いはどこにあるのでしょう??

興味深いのは「殺菌」は全ての菌を殺さなくても数が「減少」すれば殺菌といえる点。
ということは…「除菌」とどう違うのか?ってことになるけど……
実は「殺菌」は薬事法により医薬品と医薬部外品にしか使用できないことになっていて、
該当しない製品には殺菌ではなく「除菌」が使用されているだけのこと。
つまり、薬事法で言う殺菌と同じ効果があったとしても、法的に謳うことができないのです。

 

要点をまとめると

①抗菌とは「菌の増殖を防ぐこと」
②除菌とは「一部の菌を減らすこと」
③殺菌は「一部の菌を死滅させる」が使用できる対象物が限られる(医薬品と医薬部外品のみ)

備忘録として書きましたが、お役に立てば…

 

抗菌印刷についてはこちらをどうぞ
https://www.sanwasp.com/about/companys-outline/kohkin-printing/